私の20数年間はどう評価できるだろうか。。。

なんか今日は、自信のない人ばっかりが来るな~


ハロワークの窓口で そう言われた。
気になる求人票を数枚プリントアウトしてもらっただけ。
何しに行ったんだか...




ひとつ収穫があるとすれば

ああ、あれね。
あそこは、遠いし通うのは大変だから、よかったんですよ。
結局、お近くの人を採ったじゃないですか~
これは縁のものだから...





相談員さんの温かい励ましのひとこと。
私は、コレをもらいに行ったのか、そう思った。






労働条件バッチリの求人票。
これなら子供のことも、母のこともできる。
でも...
でも...
でも...
職務履歴書が要るって。
これが鬼門だ。






職務履歴って
正社員とパート含めて、ちょこっとだけ
その中で、得た物は?
活かせるものは?


完全に作文だな。
膨らませて膨らませて、どんどん膨らませて
ウソっぽくて、
読むのもハズカシイ代物が 仕上がりそうだ━━(#゚Д゚#)━━!!



なんと言っても一番長いのは
専・業・主・婦ですからーーーーー




専業主婦
かぁ。

アナタが仕事に没頭できるのは、私(専業主婦)のお陰よ~
と夫には、そう言ってきた。


短いときは1年で引っ越し。
日本全国をグルグル。
見知らぬ土地で、育児、家事を担ってきた。
これも立派な仕事だ。




でも
書類の職業欄を前にして
ためらう自分がいつもいた。


専業主婦
って、書いてもいいのだろうか...と。
巷では、専業主婦を職業として認知してるのか...と。
何よりも、自分自身が専業主婦を立派なキャリアと思っているのだろうか...と。







50代。
自分の先が見えてきた。
子供はいずれ巣立っていく。
親の介護もいつかは終わる。
そして
そのあとも、私の人生は続く。



ハロワの職員さんの言葉は、確かに温かかった。
でもその言葉には
寄りかかってしまえるほどの、強さはない。
結構引きずっているのねワタシ(T_T)







トボトボと部屋に戻りつつ
スマホの画面を見たら

“専業主婦は立派なキャリア。専業主婦はマルチタスクの達人。”



えっ!なんだ!このタイムリーな記事は!!!

もう、釘付けになったこと言うまでもなく。
長年の専業主婦生活後、47歳で就活。現在5つ星ホテル勤務の凄い経歴の持ち主のお話。
元々のポテンシャルの高い人に違いないが


“17年の専業主婦後、70歳までがワークの時代。
そんなワーク・ライフ・バランスがあってもいいんじゃないか。ワーク・ライフ・バランスは人それぞれ。”

って、キッパリ。




人生は長い。
だから悩むのよね~


どうしても読んでみたくなって
Amazonでポチっと押した。
(クリックでamazonへ)










手元に届いてはいないが
まず私がやらねばならないことは。。。アレだな。
体を絞らねば…(汗)



古い建物だけに、動きがぎこちないエレベーター
到着階を示す電光版の下に...
あらっ
定員9名 積載量600㎏
じゃあまだまだ大丈夫かな。って、そんなわきゃーない(^^;)



薄井シンシアさんいうの8つとは
容赦ない厳しい言葉の羅列か
それとも背中を押してもらえるものなのか



楽しみであり、ちょっと怖くもある。

*************************************
お読みいただきましてありがとうございました。
ランキング参加中です。皆さまの応援が励みになります。