仕方ないじゃん、母親なんだもんっ


んで、セミってあんなに鳴くんやろー?
ココ居るって、敵に知らせるような
もんやのに・・・





なるほど~
息子の言う通り



鳴くのはオス
鳴いてメスに居場所を知らせるのだとか。



じゃあ、鳴かないセミってのはどうだろう。

メスを追いかけて
大量のセミがブンブン、ブンブンあちこち飛び回る。
・・・

ハエでも鬱陶しいのに
これも、ちょっと遠慮したい気がする(~_~;)



鳥の聴覚も感度が良さそうだから
あれだけウルサイと
ちょっと食ってやろうという気も失せるかも…
集団で一斉に鳴きまくるのも一種の生存戦略か?




*******************************

sponsored link





*******************************



種の保存に命がけのセミの声を聞きながら

さぁて、この暑苦しい毎日をどう過ごす?



働きたい熱は静かにくすぶりつつも
悩ましい問題が次から次へと降ってくる(汗)
だからなかなか難しい。




そんなときに繰り返しやってくるのが
英語学習熱の波
ネツというほどアツイものではないが
なかなか攻略できない本を引っ張り出してゴソゴソ






聞くだけでとか、1日30分だけでとか
そんなわけないでしょ。
そんなの嘘っぱち。





やっぱり勉強は、
襟を正して、真剣勝負!!!
これしかないっ





だから


昨日録音したICレコーダーに全神経を傾ける。



ネイティブスピーカーの声中に
消えてしまった?前置詞の音
前の単語とくっついて、なんじゃこりゃ?っていう音



逃すまいとして必死に耳を傾ける。
もう、悩ましいセミの声も、全く気にならない。
わずかな音も聞き漏らすわけにはいかないのだ。





英文と英文の合間に
ん?かすかな音をキャッチ!





ふん、ふふ、ふ~



なんだ?
この音は?




ふん、ふん、ーーーん






聞き逃してはならぬ。


突然のホットフラッシュもなんのその
不快な汗に気を取られている場合じゃない!






ふん、ふん、ふん、ふん、ふーーーふん




聞き逃してはならぬ。


なんだ?
しっかりと取り組んでこそ、結果がついてくるというもの




ふん、ふん、ふん、ふん、
ふーふんふんふんー






おお!!!♪君が代!

よっしゃぁぁぁ!見事聞き取った・・・って




はっ!

英語はどこいったーーー




英語を追いかけていたはずの耳は
いつの間にか馴染みのある声を
キャッチし、フォーカスしてしまった。

馴染みのある声 すなわち 次男の鼻歌
(しかし、なぜこの選曲なのか?)





いわゆるカクテルパーティー現象ってやつですかぁ
脳は自分にとって興味のあるものを聞き分ける。





しっ、仕方ないじゃん、母親なんだもんっ
(。-_-。)(。-_-。)(。-_-。)



語学習得の道は険しい。。。

*************************************
お読みいただきましてありがとうございました。
ランキング参加中です。皆さまの応援が励みになります。