やっぱり、まだまだだ。私は。

母の希望で、介護施設の見学に行った。


顔が映り込みそうな、真っ白な床を配したエントランス。
開放的な大きな窓が入った食堂。
居室へ続く広々とした廊下は、温かみを感じる色調の木材の設えで、まだキズひとつない。


オープンしたばかりの建物は、どこもかしこもピカピカで
その真新しさが、かえって思いを複雑にする。
まぶしすぎて、ソワソワと落ち着かないのだ。





そう、私は母を捨てようとしているのだから。
どんなに言葉を尽くそうと、私は母を捨てる場所を探しているのだ。



*******************************

sponsored link





*******************************







あんたが苦しむと思うから...と母が言った。

だから、一緒には住めない。
だから、今の内に施設見学に連れて行ってほしい、と。



あちらの家(夫の親)に遠慮してのこと。
まだ子供に手がかかる娘に遠慮してのこと。






シルバーカーに寄りかかっても、一人では立っては居られない。
小さく痩せた後ろ姿は、実年齢より10も20も上に見える。






母にこんな事を言わせてしまう自分が、たまらなく嫌だ。






結婚することは、親を捨てることなのか。
誰もがYESと返事をしたときに、そこまでの覚悟をしているのだろうか。



過去を振り返ってみても、今更どうすることもできない。
そして
万事、丸く収まる未来を思い描こうとしても、絵筆を持った手は止まったまま。


苦しい。
苦しい。
苦しい。







そんな思いを抱えて、外出した先で目に留まった詩画展のチラシ。
星野富弘さんの詩。


よろこびが集まったよりも
悲しみが集まった方が
しあわせに近いような気がする

強いものが集まったよりも
弱いものが集まった方が
真実に近いような気がする

しあわせが集まったよりも
ふしあわせが集まった方が
愛に近いような気がする






ここまで到達するのに、
どれだけの
悲しみ
苦しみ
が必要なのだろう。





私には、まだまだ足りないのだ。
きっと




まだ、先のことはわからない。
状況も気持ちも変わっていく。

でも、今わかることが一つある。
50を過ぎた今も、私は母に守られている。
“むすめ”で居られることに安堵しているのだ。
やっぱり、まだまだだ、私は。

*************************************
お読みいただきましてありがとうございました。
ランキング参加中です。皆さまの応援が励みになります。