フライパンのスタンダードを探して。

人間50年も生きていれば、誰しも自分の中に基準スタンダードを持っているはず。


たとえば、私はお風呂上がりにバスタオルは使わない。
フェイスタオルで事足りる。


たとえば、私はキッチンばさみを多用する。
まな板を出して洗うのが面倒くさいから。単なるズボラじゃん(^^;)



たとえば、私の知人は、
白、黒などの定番色のインナーはファストファッションで、毎年更新すると話す。



食器の洗い方ひとつ
洗濯物の干し方ひとつ
日用消耗品の選び方ひとつ

それぞれの暮らしの中に、こだわりがあろう。


*******************************

sponsored link


*******************************




いまひとつ定まらないのが、フライパンだ。
テフロン加工のフライパンのお気に入りが見つからないのだ。



毎年、値段の安いモノを購入して、テフロンが剥がれたらまた新しいモノに替える。
頻繁に買い替えをしているにもかかわらず、テフロンがすぐ役目を果たさくなる。
焼キソバなどは、鍋に1/3ほどこびり付いてイライラ。



安物買いのソバ失いか?
そこそこの値段のモノを買って長く使う方がよいのだろうか?
フライパン選択基準も定まらない。





で、今回購入したのはコレ。
IMG_20170208_160118.jpg
200万回の摩耗耐性試験にクリアしたからには、相当なものだろう。
これならば、焼きそば回収率100%達成できるに違いない。


この200万回って・・・どれだけもつのだろう?



1日の摩耗回数はいかほどか?
フライパンの上でヘラを使って、そのあとスポンジでゴシゴシこする。
それを100回として計算すると(かなり多めに見積もって)
毎日フライパンを使ったとして1年で 
100回×365日=36,500回


あと何年使うかな~?50年使うとして・・・ 100歳超えてますって
36,500回×50年=1,825,000回



ええ~~~
ひやくはちじゅうにまんごせん回ってことは、200万回に満たない。
つまり、私が100歳こえてもテフロン顕在ってこと???
さあ、これがフライパンの定番品になるのか!!!


200万回の真実はいかに・・・


ともに白髪が生えるまで
じゃなくて
ともにメッキが剥がれるまで、頑張れ~私♪───O(≧∇≦)O────♪





今、この人とすれ違ったら
200万回が真実ならば、そのとき「おまえはもうシンデイル」と忠告を受けるに違いない
*************************************
お読みいただきましてありがとうございました。
ランキング参加中です。皆さまの応援が励みになります。

コメント

非公開コメント

No title

おはようございます('-'*)

定番、基準、スタンダード、ほんとにありますよね('-'*)

結婚したころは、家事の仕方が義母と合わなくて、
洗濯物の干しかたとか洗濯機からの上げ方とか一つをとっても
あれこれ言われて嫌な思いをしまいたが、
今じゃ自分流を貫いています、月日が経つと嫁も強くなる!

って話じゃありませんよね(笑)

そのフライパンの話し、まさに私もここ数か月、
フライパンを探し求めて何千里なんです(笑)

私の場合は、とにかく軽くて24センチのが欲しいって
決まってるんですが、24センチというのがまずないんです。
あっても、重いか深いか、エトセトラで気に入らない(笑)

値段は普通だったらいいと思うんですけどね・・

200万回の真実はたぶんおおげさな広告って感じなんでしょうね・・
たとえどんなに高くていいものでも、例えば火加減ひとつで劣化が起きるだろうし、
もし「つかわなかったら」200万回くらいは多分いけるだろうと
考えて置いたほうが良いかも(笑)

でも過大広告としても、100万回くらいは行けるかもしれませんねd(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ
優しく丁寧に扱うって事も大事なのかなあ・・・

小手鞠さんへ

長く生きれば生きるほど、自分流のやり方というのが確立してなかなか人と合わせられませんよね。
50代になって新たな友達を作るのは、難しいな~と感じるのもその辺ですかね~

小手鞠さん、お姑さんといろいろあったのですね。
今はすっかり立場が逆転ですね(^^)vヤッター


> 200万回の真実はたぶんおおげさな広告って感じなんでしょうね・・

10万回、30万回あたりは見かけたことがあったのですが、
このたび見つけた200万回。
買っては見たものの、ホントですかぁ~って感じです(笑)

鍋のお気に入りはあるんですが、まだまだフライパンジプシー続きそうです。