心の引き出しの整理の仕方

お母さんも、サンタさんにお手紙書いたらいいよ。
なんてカワイイことを言ってた息子。
でも、今年はしっかりサンタさんの正体を知っている。



去年のクリスマス。
悩むだけ悩んで、手紙を書き上げたのはクリスマス直前。
学校に行っている間にコッソリ読んで、リクエストされてる本を買いに走ったが在庫がない。
あちこち探して、やっと見つけたけど・・・



子どもの夢を壊すようで悪いが、こんなことは続かない。私の体力が(^^;)
次男もなんとなくオカシイと疑っている。
サンタさんはどこから入ってくるの?とかなんとか・・・
だから、長男にウマ~ク正体を暴露してもらった次第。



その甲斐あって今年はゆっくり本日お買い物。
でも、まぁ、すごい人出だったわ。
欲しいゲームソフトをゲットして、ついでに本屋にも行きたいと言う。もちろん本はこづかいで買えと言い渡した。




本屋をブラブラしていて2度見、いや3度見してしまった本▼


(クリックでAmazonへ)


身の回りの物を次々と捨てに捨て
とうとう断捨離もここまで来たか・・・(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

コレって世の奥様方の心の叫びだよね(笑)
※断っておくが、私のこととは言ってない!!!





*******************************


sponsored link


*******************************





『毎日かあさん』を描いた西原さんが面白いことを書いていた。

"女の人ってポイントカード制だから、ずーーっと何にも言わなくてもポイントカードは貯まっていて、最後の何気ない一言でカードがいっぱいになって・・・"
 
つまり、ドカーーーン!!!ですね。




女は小さなことをずっと覚えている。
男にとってサマツな事でも、心の引き出しにずっとしまい込んでいる。
何かの拍子にその断片を取り出そうものなら、昨日のことのように次から次へと出てくる出てくる。




あらっ!閉まり切らない引き出しの端っこから白い物がチラチラ見えている。
それを手にして引き出すと、なんとトイレットペーパーだ。
そう、トイレットペーパーと言えば・・・



新婚旅行先のホテルでトイレットペーパーを詰まらせたアナタ。
結局、アナタは何もせず、私が水を流し続けて対処したわね。



そう、そして新居のマンションで
やっぱりトイレを詰まらせたアナタ。
仕事に間に合わないから、あとはヨロシクと行ってしまった。
あのあと、スッポン(詰まりを直す道具)を買いに走り、半日かけて汗だくで対処したのは私だった。



そう、いつもいつも尻ぬぐいは私。トイレのことだけに尻ぬぐいって上手い!
面倒なことになると、いつも仕事を理由に逃げるアナタ。



そう、
あのときも・・・
そのときも・・・
このときも・・・

そもそも、アナタは最初からなんでも面倒なことを・・・ゴニョゴニョゴニョ・・


引き出しから引っ張り出したトイレットペーパーで、おそらく一日は喋り続けられるだろう。



塵も積もれば山となる
女の心はポイントカード制


で、ずっと考えていること。
心の断捨離ってどうやったらできるのだろう?
引き出しの中を一度、キレイに掃除できるといいのに、これがなかなか難しい。
 

片づけを始めて、懐かしい写真が出てくると手が止まってしまう。
同様に、引き出しの中から何かの欠片を見つけたら、
そういえば・・・が始まってしまうのだ。

無理に捨て去らずとも、引き出しの中に放置している内に、発酵でもして別の良い物に変化していくのだろうか?


そう、ピザといえば・・・

私が気分が悪くてゲロゲロだったときに、ごはんだよ~ってピザ取ってくれたよね!
ホントにアナタってお茶目なんだから~
なんて、なりはしないだろーねー




ピンポーン♪
某保険会社からブラックスワンのマスコットが届いた。
そうだよね。
一生懸命お仕事してくれて、保険かけてくれたのはアナタ。
いいポイントが貯まる引き出しも用意しないとフェアじゃないね。

でも、最後にひとこと。
まだまだこの引き出しのスペース、余っています。

*************************************

お読みいただきましてありがとうございました。
ランキング参加中です。皆さまの応援が励みになります。

コメント

非公開コメント

No title

おはようございます(*'-'*)
最後のオチに救われた感です(笑)

私、その引き出しがとうとう満杯になった事があるんです(笑)
35年間の積もり積もった鬱憤が、ある日とうとう爆発。
日頃我慢していた分、そりゃ酷かった。
罵詈雑言を浴びせかけ、あれもこれも、あの時もどのときも・・(笑)
彼の人は良く耐えたと思います、おびえた目は
忘れられません(笑)
でもそのあと、少し変わってくれたので良かったかな?(´▽`*)アハハ

何十年も生きてきた人を変えることはできないと
良く悩み相談でも言われますね。
自分が変わりなさいと。
でもどうしたら自分が変われるのか?

永遠の課題かもしれませんね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

良いポイントゲットが溜まる引き出しが、一杯になったら幸せですね!

小手鞠さんへ

コメントをたくさん書いていただいてありがとうございます。

なかなか刺激的な雑誌の表紙に、目が釘付けになってしまいました。
行動に移すか移さないかは別にして、世の奥様方の心の声なのでしょうね(笑)

女の脳は、細かいことをよく覚えるようにできているらしいです。
だから、あのときはこうだった、そうだったと一つのエピソードをきっかけに芋づる式にいろいろ出てくるのですね。
これを良い方向に使えればいいのですが・・・(^^;)

私はぐっと溜め込むことができないので、結構小出しにしています。
それでも引き出しの中は空っぽにはなりません。
年末年始が近づくと、いろいろ煩わしいことが多いので心がザワザワと落ち着きません。
それに絡んだ過去の出来事が、引き出しの中で暴れなければいいのだけれど・・・

憂鬱な年末年始、嫁業頑張ってきます。