母の真意は分からない。でも・・・

どうやら母の元に妹から、「言い過ぎた。ごめん。」とメールが来たらしい。
それまでの経緯は前々回の記事に書いた通り。



ズケズケはっきりモノを言うが、裏表のないところが妹の長所。
ああよかった~と思っていたら・・・母はまだ気が済まないようで、妹の欠点をあげつらう。
しばらく聞いていたが、だんだん辛くなってきた。



黙っているつもりだったが、
母が泣いていた夜、すぐに電話で妹の話を聞いたことを告げた。



でもね。
確かに今回のことは妹の方が悪いと思うけど、これまでのお互いの関わり方にも問題があったんじゃないの?
母さんも、ときどき妹の気に障ることを言ってるよ。



と、まぁ意見してしまった。
これから、また顔を合わせるわけだし
いつまでも引きずって欲しくなくて・・・との思いからだった。



*******************************


sponsored link



*******************************


そして、今夜の電話。
当たり障りのないことを話した後に、母が言い出した。


そういえばね。
デーサービスの職員さんはどんなふうに思っているんだろうね。




今日は、新人さんが送り迎えをしてくれたらしい。
だから家の事情を詳しく知らなくて、送りの玄関先で鍵を開ける母を見守りながらこう言ったそうだ。



○○さん(母の名前)は、誰と住んでいるの?



いえ、一人です。一人が楽よ~。
と母。


それ以上、職員さんは何も言わずに帰って行ったそうだが・・・



そういえばね。
デーサービスの職員さんはどんなふうに思っているんだろうね。



この言葉をどう受け止めてよいのやらモヤモヤが続く。



母は何を言わんとしているのか?
こんな状態の母を一人にしていることは、世間様(職員さん)から見ればあり得ないことだと責められているのか?
昨日、自分の肩を持たずに意見した私に腹を立てているのか?
以前も外出先で、自分の意見を否定されるとムキになる場面があったっけ(汗)



長女でありながら、長男さんと結婚することに躊躇していたら
背中を押してくれたのは、他ならぬ母だった。
誰かがやめろと言ったら自分の意志を曲げるのか!と。
結婚するなら駆け落ちしてでもという覚悟でしなさい!
そう言われた。

あの頃は、母も若かった。まさか自分が病気になるなんて想像もしていなかっただろうし、
これほど老いて弱るとも考えていなかっただろう。
それは、私も同じ。親はいつまでも元気でいると思い込んでいた。甘かった。




母の真意は分からない。
でも・・・
一人が楽よ~という言葉に
娘に心配をかけまいとの気遣いが見え隠れするが、
この言葉を発する時、以前ほどの力はなくなった。


ああ~モヤモヤする。



考え過ぎてはダメだ。
湯船に浸かりながら、形だけでも笑顔を作って笑ってみた。
最初は口角を少し上げて、そして声を出して笑ってみた。

ハハッ。ハハハ。アハハハハハ!


続けていると、おかしくもないのに結構笑えるもんだ。
笑い続けていると、いつの間にか泣きながら笑っていた。


*************************************

お読みいただきましてありがとうございました。
ランキング参加中です。皆さまの応援が励みになります。

コメント

非公開コメント

No title

おはようございます(*'-'*)

自分の親を見てても思うのですが、
親が若い頃って、大丈夫!
子供たちには迷惑をかけない、
特に女の子だけの場合は(私たちの時代の親はね)
自分たちの老後は自分たちで頑張るから良いよd(*⌒▽⌒*)b ニコニコッって。

私の姉は、一人っ子の遠方に嫁ぎ、
私は、長男で同居。

それでも親は、大丈夫!って思ってたはずなんです(*'-'*)

だけど、実際自分たちも歳を取って来て・・・
理想はそうなんだけど、動かない身体と頭に
情けない思いをしながらも、どうしようもない辛さを、
娘に吐き出すしかないんですよね。

昔の年寄りはここまで長生きしなかった・・
というか、今の親自体、そこまでの高齢の年寄りを介護してこなかった、
だけど、今は医療も発達し、介護制度も上っ面だけ発達したおかげで、
弱って家でそのまます==っと終わりを迎えることが出来る人生だったのが、
認知症になっても、身体が弱り果ててきても、
いつまでも元気で、元気で!、さあ、デイに行って!
って回りが唱え続けることで、
生きていかなければいけない年寄りも、ほんとに可哀想で、
何より悲惨なのは、そういう年寄りを見なければいけない家族。

こりこさんのお母さんも、恐らく全部本音なんだと思います。

一人でいるのが気楽、だけど、一人だと困ることが多いじゃん。
娘が二人いるのに・・・いても自分たちの事もあるんだから、
面倒を見させるのも、かけるのも申し訳ない、
だけど、面倒を見て貰えなかったら、私はどうしたら良いの?

頭だって段々老化していきます。
うちの親もそうだけど、理想は解っている、
娘に迷惑をかけたくないのも本音、
だけど、もうどうしようもないんですよね・・
誰か何とかしてよ、快適に暮らさせてよ!って。

私たちも解ってますよね?
大切な親だもん、いつまでも元気でいて欲しい。
出来る事はお手伝いしてあげたい。
だけど、やっぱり限度があるんです、

今日の新聞の投書欄に載ってました。

国は、介護を家庭に押し付けようとしている
(ほんとそうですよね?)
だけど、それを実現させるためには、
国の後押しが必要だ。

ほんとその通りなんです。
だけど、国は、手を放してしまって、
家族にだけ負担させようとしているんです。

いろんな悲劇、これからますます多くなると思います。

私の理想は、家族にゆだねる介護より、
専門家に見て貰える介護です。

なんて、すみません、パソコンが動く間にって思ったら、
沢山書いてしまいました(笑)

一言で言えば、こりこさんのもやもやが
とても良くわかるって書きたかったんです(笑)

小手鞠さんへ

小手鞠さん、こんにちは!

介護ネタはなかなか万人に受け入れられるものではないのですが、
なんだかモヤモヤが消えず書いてしまいました(^^;)

小手鞠さんのところと状況が似ているみたいですね。
ただ、私は義父母と同居はしていませんが、あちらは強く望んでいるみたいです。
おそらく夫も。
でも、病気の母を一人にはできませんし、今限界を迎えつつある自分の親の面倒を看ずに
あちらの元気な親との同居も考えられません。
これから問題山積です。

小手鞠さんの言うように、母の真意はハッキリしています。
私も分かっているのですが、見ないように蓋をしてきたというか・・・自分のズルさも知っています。
ときどき、責められるようなニュアンスが伝わってくることがあります。
その度に、自分(母)は親を看なかったのに、なんで責められるの?私は私で頑張ってるよ!!!という反発を感じることもあります。昔は兄弟姉妹が多かったから、長男さん特に長男さんのお嫁さんが一人、介護を担っていてくれたんですよね。
また、うちも姉妹間の温度差があって、不公平な思いもあります。

自分を一生懸命に育ててくれた親なのに、こんな汚い感情が渦巻いていて自分自身が嫌になります。
もう~、ずっとモヤモヤし続けています。

社会保障費が大きくなり過ぎて、介護も家庭で・・・となりつつありますが
ホントに厳しいですよね。
制度を作る人達は、自分の手で介護をしたことのない人達。
介護の大変さを知らない人達です。
そういう意味で、前都知事さんは自分の親のオムツを替えたらしい(?)ので国政の場で活躍してくれたら・・・と期待していたのに見事に裏切られてしまいました(笑)

団塊の世代が後期高齢者になるとき、さあどんなことが起こるのか、不安しかありませんね。

> 一言で言えば、こりこさんのもやもやが
> とても良くわかるって書きたかったんです(笑)

パソコンの不調の中、真摯に長文で共感をいただいて本当に嬉しかったです。ありがとうございました。


No title

おはようございます

最近は長男長女が多いので、問題も多くなりましたね。
自分も娘たちに迷惑かけない老後をと今は思っていても、いざとなるとどうなんでしょう。
私の母も一人暮らしですが、まだ元気でウォーキングなんかもしてます。
一人でお気楽で楽しいのか、一人でさみしいのか、その所本音は全く分かりません。
まだ介護は未経験ですが、この先不安です。

Re: No title

ツインズママさん、コメントありがとうございます。

お母様、お元気で一人をエンジョイしているとのこと、羨ましいです。
いくら長生きしても健康でなければ辛いですよね。
本人も、周りも。
ツインズママさんのところは、娘さんがきっといろいろ助けてくれるでしょう。
うちは男二人、当てにはできません(汗)
だから、健康でいられるように自分の努力で何とかできるところは頑張らないと・・・
もしくはお金ですか?
貯まりそうもないですが・・・(´;ω;`)ウッ…