老化は死を受け入れるためのギフトかも・・・と、ときに思う。


夢がかなう商品



あたらしもの好きな私は興味津々。
家電製品の技術革新は目を見張るものがある。
スイッチひとつで今までの数倍おいしいご飯が炊ける炊飯器。
育毛効果のある空気清浄機。
実は抜け毛の多さが気になっている
車も自動運転が取りざたされる時代。
運転嫌いの私には嬉しいような、全くの機械任せも怖いような…(^_^;)





******************************

sponsored link


******************************




夢がかなう商品



日経TRENDY11月号のページをめくると
なんと!夢の裸眼生活をかなえるコンタクトレンズがあるそうだ。



子どもの頃から視力は良好。両方1.5。
人の微妙な表情に気づいたり(これは視力とは関係ないかもね)、遠くからちょっと苦手な人が近づいてくるのが見えたり
見えすぎて困ることが悩みの種だった。
だから視力検査で、一部欠けた大きなマルに首をかしげる級友は絶対ふざけているに違いないと思っていた(笑)





そんな私も寄る年波には逆らえず、常時メガネのお世話になるように。
日々見えない煩わしさ、大変さを実感している。
こんなにメガネの枠が視界を遮って邪魔なものだとは思ってなかったし、
夏場の汗問題やマスクのときのレンズくもり問題など
やっぱり経験してみないとわからないを痛感。



オルソケラトロジーレンズ
オ、オルソケラトロ?・・・恐竜の名前みたいで覚えられない
夢の裸眼生活をかなえてくれるレンズの名前だ。
夜の間、レンズを装着。角膜形状を矯正し昼間は裸眼で過ごせるという優れ物。
これを作っている会社が、次は老眼世代をターゲットに新しいレンズを開発中らしい。
老眼世代には裸眼ではなく、コンタクト適用となりそうだが、メガネから解放されるとなると画期的!



嬉しい!
嬉しい!嬉しい・・・

諸手を挙げて喜べない自分に気がついた・・・



合言葉は昔の自分と競争しない。先日も書いた。
でもね。正直なところ、老いを認めるのは悲しい。
例えば、これでヨシ!顔が出来た!(化粧をしたの意)と張り切って出かけた先の明るい照明の元で、ハッキリと見えすぎて
現実の自分と向き合った瞬間のショックったら、なんとも言い難い。
何がハッキリと見えたのかはあえて書かないわー
昔の自分との決別は言うほど簡単ではないのだ。




人間は生まれた瞬間から死へのカウントダウンが始まっている。
活力に溢れる若い時には、死なんて欠片も意識に上ってこない。
しかし、死は人間の宿命で逃れることはできないのだ。
老化は死に向かって機能が低下してくること。
老化は目に耳に歯に来ると言われる。
視力がボンヤリして、現実の自分の姿にソフトフォーカスをかけ
耳が遠くなって、聞きたくないこと(自分への悪口かな)が聞こえなくなり
歯が悪くなって、食べられなくなり

老化は死を受け入れるためのギフトかもと、ときに思う。




夢がかなう商品
かぁ。。。
人生の折り返し点を過ぎた今、夢ってなんだろう?
昔の自分に戻ることを夢見るのは、ちょっと違うような気がしている。



不便なはずのメガネのフレームも、実はなかなかの仕事をしてくれている。
目の下の諸々の問題(笑)をカムフラージュしてくれるもの

*************************************
お読みいただきましてありがとうございました。
ランキング参加中です。皆さまの応援が励みになります。




**********************************
出会いに感謝♪ いつも応援ありがとうございます。
今日も一日いい日でありますように・・・

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは(*^~^*)
私も昔は目が良く見えましたが、今は、老眼鏡、遠近両用メガネがないと
ほんと、何も見えないんですよね・・
眼鏡をかけてると、変なところでぶつかったり、あとそうなんです、
特殊マスクでないと、メガネ曇りますね、
ほんと経験してみないと解らないですね、なんでもヽ(;´Д`)ノ

お化粧をするときも困ります。
お目目関係(笑)が見えないもんだからできないからしない(笑)
だけど、メガネで隠れるからまあいいかって。

夢かなう商品って、ほんと、なんなんでしょうね・・
もうこの歳で夢なんて遠いものより、近くの現実を見て、
少しでも満足できる毎日が過ごせれば、それが夢かな?
とも思ったりしました(笑)
平凡でもちゃんと気持ちよく問題なく一日がおくれる事、
それが夢でもあります(笑)

Re: No title

小手鞠さん、こんにちは!

見えないことがこんなに不便だなんて思ってもみませんでした。
ずっとクリアに見える世界に生きていたので、ボンヤリしているのが嫌で仕方なかったです。

でも、最近は慣れっていうか手抜きっていうか・・・へへッ
顔だけじゃなくて、お掃除でも見えてないからまぁいいかなどと都合のよいように考えています。
特にオフロ場。いつもは裸眼ですがメガネをかけてみてギョッとすることがあります(笑)

若い頃は義父母宅の台所を見て、ギョッとしていましたが
今はしょうがないかなーなどと思えます。
これも老化の効用(?)かな~。

いろいろできなくなりつつある実母を見るのが悲しいとばかり感じていましたが、
いずれ必ず来る母との別れの時へ向けて、必要な時間なのかもしれないですね。

老化を受け止めるのは難しいですが、人間にとって必要なことですね。きっと。


> 平凡でもちゃんと気持ちよく問題なく一日がおくれる事

同感です。私にとっても一番の願いです(*^-^*)