安否確認って?

母は配食サービスを利用している。
夏のある日のお弁当。

IMG_20160813_121942.jpg

食の細い母には、いろいろな味が楽しめて丁度いいみたいだ。
自治体からの補助が出ていて、うちの母の場合は1食あたり350円で週5回まで利用できる。




昨夜の電話で
今日はごはんに黄色い物が入っていたから、あらっ栗ご飯だわ♪と喜んだら
な~んだサツマイモだったガッカリと母が言っていた。
文句が言えるぐらいだったら元気だわーと安心した(^^)
だって自己負担金350円で配達までしてくれているもの。
今は野菜が高いしね~






*************************************
sponsored link




*************************************




実母を遠距離介護している。
今やっていることを介護と言ってよいのかどうか迷うところだが、
これも介護だと自分に言い聞かせている。




ときどき実家へ出向き、母の病状を確認する。
郵便受けにたまった封書を取り出し、目を通す。
いつも公的機関に提出しなければならない書類がそのままだ。
各種認定手続きは、煩雑でお年寄りにできるものではない。
記入欄も分かりにくいし、揃えなければならない書類も多い。


歩けない母に代わり、
医師の意見書をもらうために病院へ走り、所得証明をもらうために役所へ走り
本人確認書類のコピーに走り・・・


合間にトイレットペーパーや洗剤などの日用消耗品を大量に買いに行く。
最近は歯の調子が悪いというので、無理やり頼み込んで歯医者に連れて行く。
前回刈った雑草がまた伸びているので、庭の掃除。
雑草のたくましさが毎回恨めしい!
それらを1泊2日でこなす。


足りない部分は
週2回のリハビリ目的のデイサービス
週2回の掃除、洗濯などの家事援助サービス
週5回の配食サービス
でカバーしている。



帰省は毎回慌ただしいが、
公的介護サービスのおかげで母の自立のみならず、私たちの生活が保たれている。
だからホントにありがたいと感じている。



が、ひとつだけひっかかっていることがある。
それは、配食サービスの安否確認という部分。


ほとんどの自治体で高齢者向けの配食サ―ビスが実施されている。

「栄養のバランスを考えた食事を提供し、生活支援すること」
そして
「食事を届けることで日々の安否確認ができること」
とHP上にその利点が記載されている。




たまたまお弁当が届く時間帯に居合わせたことがある。
配達の人が玄関を開けて
こんにちわ~ここへ置いときますねー。と玄関先にお弁当を置いて出て行った。




えっ?

本人の顔も見ないの?
安否確認っていったい何?
いつもありがとうございますと挨拶に出る暇もなかったわ


安否とは・・・無事かどうかということ。
確認とは・・・確かにそうだと認めること。はっきりと認めること。
だよねぇ(汗)



私が想像していたのはこういう画なのだけど・・・
251011.jpg


母のように病気で体が不自由になってくると
外に出る機会が減り、社会との接点がなくなってくる。
こういう配食サービスでいろんな人と言葉を交わすことにも意義があると思っていたのだけど。
期待しすぎなのだろうか・・・



お年寄りの話は長いし、配達件数もあって忙しいのもわかるんだけどさー。


*************************************
お読みいただきましてありがとうございました。
ランキング参加中です。皆さまの応援が励みになります。


**********************************
sponsored link



**********************************
出会いに感謝♪ いつも応援ありがとうございます。
今日も一日いい日でありますように・・・

コメント

非公開コメント

No title

おはようございます

宅配サービスいいですね。おいしそうにみえますがいかがでしょう。
一人暮らしの老人は安否が心配ですよね。最近新聞店の安否確認の申し込みのチラシが入りました。新聞店ですので、ポストに前日の新聞が入ってたら、連絡が入るというものです。
我が家は近くに母がいますが、毎日はみにいっていられませんので、それだけでも申し込んだ方がいいのかな~と考えています。
こりこさんのような遠距離介護(?)してる人も結構いますね。たまに家に帰り話し相手になったり、買い物へ連れて行ったり、病院へ連れて行ったり・・・・それも立派な介護ですよね。
使えるものは使って、楽に介護をしていきたいものですね(^◇^)

Re: No title

ツインズママさん、こんにちは!

見守りサービス、いろいろありますよね。
ポットのお湯が減ったかどうかを感知して、知らせしてくれるものもあるみたいですよね。
新聞屋さんの見守りもいいですね。

自分の生活があるので、母中心の介護はできそうもありません。
母には申し訳ないと思っていますが、そこは割り切るしかないかなーと。
介護保険制度はホントにありがたいです。
今後のことを考えると不安材料しかないのですが、今できることをできる範囲でやっていこう!と思っています。

自分たちが介護を受ける側になったとき、今のように制度でカバーできるのか…(^^;)
確かなことは、老後のためにお金をしっかり持っていればなんとかなるということ。
分かっていても、貯まらない~i-241


No title

こんにちは(*'-'*)

介護はほんとに大変だし、形も様々だし、経験した人にしか解らないですね。

以前介護をしたことのない人が、

「兄嫁は、私の親の介護をしていると言っても、一日におむつを数回かえたり
 ご飯を食べさせたりしている  だけ で、大した事してないのよ♪」

って言ってるのを聞いた事がありました。
その時、他人事ながら、殺意を覚えるくらい腹が立ちました。

ああ、この人はそういう経験がないから解らないんだなって思いました。

こりこさんのしていること、立派な介護だと思います。

介護で一番って言うか、本当に大切なことは、
介護をしている人が、自分の暮らしを守りながら、
安定させながら、介護に従事することなんですよね。

でも今の日本は、誰かに押し付けて、やらせる介護だと思います。

これだけ長寿になって来て、誰もが年老いて介護が必要になるのに、
きちんと国が看取れる介護の仕組みを整えて欲しいなって
切に思います(*'-'*)

あ、すみません、話がずれて行ったような(;・∀・)

その見守りお弁当、チェックリストを作ったらいいんじゃないかな?
って思いますd(*⌒▽⌒*)b ニコニコッ

ちゃんと顔を見ました、元気そうでした、項目を作って、チェックを入れる、
でもそういうのを作っても、チェックだけ入れられて終わりかな・・・

Re: No title

小手鞠さん、
いつもコメントありがとうございます。

> 「兄嫁は、私の親の介護をしていると言っても、一日におむつを数回かえたり
>  ご飯を食べさせたりしている  だけ で、大した事してないのよ♪」

親を看るのは実子の義務で、お嫁さんの義務ではないですよね。むしろお嫁さんに感謝するべきですよね。
日本の慣習というか意識、おかしいと思います。他人に自身の親がお世話になっているのに…。やっぱりそこはありがとうじゃないかなと思います。


> これだけ長寿になって来て、誰もが年老いて介護が必要になるのに、
> きちんと国が看取れる介護の仕組みを整えて欲しいなって
> 切に思います(*'-'*)


介護のことを語るなら、政治家にも実際にオムツを替えるなどの経験をしてほしいと思います。
介護はきれい事じゃすまされない。

これから、自分たちが介護される側になったら…どうなるのでしょうね(・_・;)
なるべく元気でいたいのですが、こればっかりはわからないですもんね。