FC2ブログ

恋人じゃないけれど...

息子は恋人
娘は小間使い


母親にとっての子供の位置づけ。そんな話を聞いたことがある。


たまーに、兄ちゃんが来たら、頬をバラ色に染めて歓待する母を見ているとイライラする!!
介護全般やってるのは、私なのに···
そうボヤく友人。



私には兄はいない。
けれど···



あっ、洗濯物そこだから


汚れた下着を洗う日々




それじゃない!ちゃんと探した?


注文の品を届けたら、
そんな言葉が返ってくる。
実家のタンスというタンス、あちこちすべて探したんだけどね




あんたは不器用。頭でっかちだから...


母の爪を切っていた時のことだ。
道具が悪いのか
末端まで栄養の行き届かない老人の爪だからなのか
それとも母の言葉通り、私のやり方が問題なのか





母は大事な人に違いない。
娘を小間使い扱いしているわけでもない。

でも
でも



疲れた。。。



そして

大変なときなのに、また仕事を始めた。
他人様からは、何もこんなときにと非難されそうだが
こんなときだからこその仕事なのだ。
抱えきれない重い問題に四六時中、頭を支配されずに済むのだったら、職場の新人イビリの冷たい態度だってなんてことはない。
ヘトヘトに疲れて泥のように眠れる、こんなありがたいことはない。






このひと月



たくさんの場所に出向き、たくさんの人に会った。

母の今後
あっちへ行けばよいのか
こっちへ行けばよいのか
方向が定まらず



疲れた。。。





ささくれってビタミン不足のせい?
明日ミカンでも買ってこようかなとぼんやり考えていたら
母からメールが来た。



ふう〜
持ってきてほしいものがあるって(-_-;)


最近は院内デイケアなんてものがあって
そこへかつて作った作品を持って行きたいらしい。
実家には手先が器用だった母の傑作がたくさん飾られているのだ。



母の回復を喜ぶべきなのに、
いい気なもんだと毒づきたくなる自分がいる





そりゃー誰やって、自慢したい気持ちはあるやろ
持っていってあげたらええやん。



ハハッ(笑)
母さんが年取ったら、病院に持っていってやるでー
ほらほら、ちょっと肩もんでやるわ。



ふたりの息子の言葉にハッとする。
疲れてるとはいえ、これじゃあ親子の立場が逆転しているわー 
私って小っさぁ~


私にとって、ふたりの息子たちは…
恋人なんかじゃないけれど


産んで良かった〜
心からそう思った。
*************************************
お読みいただきましてありがとうございました。
ランキング参加中です。皆さまの応援が励みになります。

スポンサーサイト

まだ、母さんを呼ばないでね。


イベント
があるごとに、症状がグッと進んだように感じると思います。



イベントって...
楽しい行事を指す言葉だとばかり思ってた。


へぇ~
イベントってこんな使い方もあるんだ。
母の今後を相談に行った先で 相手の言葉を他人事のように聞いていた。
私たちにとってのイベントとは
母の病気の進行による入院。




ちょっと熱が高くて具合が悪くなって入院しただけなのに


今後、どこまで望むか...


遠慮がちに言葉を選びながらだけれど
会う人会う人
残酷な難題を突きつける。






生きるって?

生きるとはなんだ?


大学生の頃、ある偏屈な教授がそう問うた。
受講資格は3回生以上
そんな触れ込みの講義にやってきた1回生。
深い意味はなく、人数制限のための問いだったよね、きっと。
そのチャレンジャー君がどう答えたのか、覚えていないが


50過ぎても答えなんて見つからないよー




イロウ

キカンセッカイ

ジンコウコキュウキ



今スグって話じゃないけれど
どこまでを望むか...



胃に穴を開けて直接栄養を流し込んで
管につないで
命があるってことは、生きるということ?
それは本当に幸せ?



そして、そういう選択を家族に委ねるって...
人の生死を決めるのは神の領域じゃないの?
医学の進歩?
医者は命を助けることに必死だけれど
本当にそれだけでいいの?




生きるってなんだろう
生きるって

答えの出ない問いをずっと考え続けている。
私は、いったいどうしたいのだろう。






今日スーパーで、特大のドラヤキを見つけた。
コレだ!
父の大好物だったドラヤキを仏壇に供えて、手を合わせる。

まだ、母さんを呼ばないでね。

そう呟いていた。

*************************************
お読みいただきましてありがとうございました。
ランキング参加中です。皆さまの応援が励みになります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。