暗黙の了解

世の中には、わざわざ口には出さずとも
(その場の)誰もが知っているルールというものが存在する。


いわゆる暗黙の了解というヤツだ。



たとえば、
エスカレーターでは左側(もしくは右側)に立ち、急ぐ人のための追い越しレーンを作る。
関東と関西で違うのよね!ややこしいから統一してほしいけど・・・



たとえば、
女友達に、こちらから「あら!オメデタ?」なんて聞いてはいけない。相手からの告白を待つべし。
太っただけってこともある。実際やってしまって、失敗した私(^^;)



たとえば、
新幹線ホームでは、ひたすら端っこまで走る!
これは、自由席に座りたい我が家の常識(。-_-。)
家の息子たちは黙って走る走る。




たとえば、
出された料理は、まず一口食してから、塩なり、醤油なりを加える。
とにかく何でもドボドボとソースをかけるのは失礼だ。
とダンナに言いたい!




たとえば、
日が落ちて部屋が暗くなってきたら、カーテンを引く。



たとえば、
雨が降ってきたら、誰に言われなくとも洗濯物を取り込む。
家族の一員としての常識だろー
うちの男どもに言いたい!




たとえば
たとえば
たとえば…
だんだん愚痴っぽくなってきたかな(-.-)

*******************************

sponsored link




*******************************



さて、数日前の話。


引っ越し前日は、冷蔵庫の電源を切る。


これも我が家のように移動回数が二ケタを超える人達の間では、わざわざ説明するまでもないこと。
ある意味、暗黙のルールだろう。



荷造りよぉし!
後は、冷蔵庫のコンセントを抜くだけ。鼻歌まじりに簡単簡単




ころが、簡単ではなかった!!
コンセントの差し込み口が冷蔵庫本体でふさがっているではないか Σ(´Д`lll)エエ!!




ど、どうする?
そのままにしとく?
いやいや、ちゃんと水抜きせねば...
トラックの中で水漏れ。荷物が大変なことになる。




どーにか、こーにか、なんとか、かんとか
電源スイッチに手が届く隙間を作ったけど...



ギョッ
とする光景が目の前に広がる。
大きな四角い箱裏の小さな隙間に、7年の歳月を見た ォ━━(#゚Д゚#)━━!!
あれだけの分厚いホコリ。よくもまあ育ったものだ。



冷蔵庫の天板はキレイに掃除したので、
引っ越し屋のお兄さんの手前、カッコついたと安心していたが
危ない危ない。
冷蔵庫と壁の隙間を広げて、懸命に掃除したことは言うまでもない。



でも、並びの食器棚はどうしても動かせず。
冷蔵庫裏に負けず劣らず、スゴイ光景が広がっているがどうにもならない。
仕方がないので、明日の引っ越しのときに
引っ越し屋さんが食器棚に手をかけた瞬間を見計らって、雑巾片手に駆け付けることに決めた。



で、
当日。
ずーっと食器棚をマークしていたのに
ガス屋のおじさんが閉栓作業にやって来た隙に
ああ~食器棚が動いているではないか!



そのとき


お兄さんは何事もなかったかのように
涼しい顔で作業をしていた。
おお、これぞプロフェッショナル仕事の流儀!



どんなにスゴイものを目にしても動じない。心の声を顔に出さない。

引っ越し屋さんの暗黙のルールなのかもしれない。






などと悠長なことを言っている場合ではなかった。
火事にならなくてよかったよー(→怖いですねぇ~、怖ろしいですね~




冷蔵庫の裏側の掃除は定期的に行う。


これこそ、世間一般の暗黙の了解だったのかもしれない。
激しく反省した日の話。

*************************************
お読みいただきましてありがとうございました。
ランキング参加中です。皆さまの応援が励みになります。


しちねん

日本一長い川の傍に、住んだこともある。
日本一大きな湖のほとりに、住んだこともある。
日本一人情に厚い街に、住んだこともある。
日本一の・・・
日本一、日本一って・・・もうええわー!!!
2番じゃダメなのと言われそう~(笑)




短いところで1年、いや半年だった。
もう体がついていかない_| ̄|○
流浪の民なのだ。





母さん、一番長く住んでるけど、ココどうよ?

同じ土地で8度目の春を迎える私に、長男が聞く。


う~ん。
一番長いけど、可もなく不可もなく・・・かな。
なんだかピリッとしない返事である。


*******************************

sponsored link


*******************************




ココへ来てから、いろんなことがあった。いろいろあり過ぎた。

子どもにまだまだ手がかかる時期
父が病に倒れ
落ち着いたと思ったら、今度は母が・・・
遠距離介護の日々は続く。

合間に長男の受験。
教育方針を巡って、夫婦でゴタゴタ。
家の考え方を巡って、またまたゴタゴタ。
お互いに違う星の住人であることに気づいた(^_^;)

そして、私は更年期へまっしぐら。
今も、首から上が突然メラメラと燃え上がる



まだまだある。書けないことがたくさんある。



いっぱいあり過ぎて余裕がなかったのか?
ああ、私・・・ココの日本一をまだ見つけてない。
別に日本一じゃなくても・・・ねぇ
近くにあるものの良さを 何にも見ずに過ごしてきたんだ。



えらいことに気づいちゃったわー
ちょっと落ち込みモード。
だって、どれだけの時間を無駄にしてきたのか、ああ勿体ない!!!
人生の折り返しを過ぎた50代。
無駄なLINEに割く時間は勿体ないと、常々感じている。(無駄なLINEに限る)









気を取り直して
次男が持ち帰った卒業文集を手に取った。



このブログに何度も登場する次男とは
ケンカが絶えない母子である。
母の言葉に素直に耳を傾ける子ではない。



と、ところが




えっ? 母に感謝って? 

そこには、少年野球チームに入って、悔しい思いもたくさんしたけど
チームメイトと協力することの大切さを学んだ。
だから入団を勧めて応援してくれた母に感謝したいって書いてあった。




“アノ”
我が子の口から 到底出てきそうもない言葉に


またぁ、
ええかっこしぃでこんな事を書いたな~
いつも外面だけはいいからね~
内弁慶でどうしようもないヤツだ~
ホント、しょうがないヤツだ~
ホントに、もうっ~
ホントに~もう・・・



気づくと目から汗が流れている。
目から汗って・・・相変わらず意地っ張り。息子とソックリだ
几帳面に並ぶ四角い文字を何度も何度も読み返し、全文暗記してしまったことは息子には言わない。


深夜、ひとりリビングで
鼻水まで垂らしてグジュグジュだぁー。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。
今の内に、いっぱいグジュグジュになっておこう。
卒業式で、汚く化粧の崩れた素顔を衆目にさらすわけにはいかない





この7年、無駄に過ごしたわけじゃあなかった。

この街の日本一は見つけられなかったけど
まだ一番にこだわるかー(;´∀`)
私なりに懸命に過ごした7年であったことは間違いない。





卒業式が終わったら、また別の土地へ旅立つ。
新しい街で
私は、どんな桜を見るのだろうか。




*************************************

いつも覗いてくださる皆様、ありがとうございます。
そんなこんなでダンボールに埋もれながら、更新してみました。
あともう少し。
がんばってます。      こりこ 


*************************************
お読みいただきましてありがとうございました。
ランキング参加中です。皆さまの応援が励みになります。


私、生きてるやん!それで良し!

ホントは、余裕などないのだけれど
時間も、お金も(汗)
ショッピングモールの一角にある占いコーナーへ
フラフラと・・・



ときどき
自分のことを知らない誰かと
自分のことについて喋りたい衝動が湧き上がる。



迷いがあるわけではなく
今置かれている状況を悲観しているわけではなく



確かに、先行きは不安だらけだけど
だからといって誰かに助けてほしいわけではなく



でも、ときどき無性に喋りたくなるときがある。



知り合いではダメなのだ。
自分の素性を全く知らない他人がいい。
自分をよく見せようと取り繕う必要のない相手。
その方が自分の内面を素直にさらけ出せるから。



ただ目の前に、ちょうど占い師の女性がいたから・・・
無駄遣い?
いや、わたしには必要な時間。



そこで、気づいた。
ああ、ブログだ!
最近書いていないからだ。
そう思うと書きたくてたまらなくなった。



*******************************

sponsored link


*******************************


今回得たモノ。
それは、私の未来予想でもなく、アドバイスでもなく
一方的に私のストレス発散であったわけでもなく



占い師の女性の言葉。



彼女は、かつて自分にとって嫌な(凶の)方角へ旅行した。娘さんの誘いで断れなかったから。
確かにいろいろあったけど、でも


私、今生きてるやん!それで良し!って
そう思う。



この言葉が胸にズーンと響いた。








いつもいつも、先回りして、転ばぬようにがほしい私。
そのを用意しようと、考えて考えて、躍起になって・・・ヘトヘト。





いろいろ大変な50代。
万全の備えなど土台無理な話。
なるようになれ!なるようにしかならない!
考え過ぎず、流されるままに行こう。



そして、最後は


私、生きてるやん!それで良し!って。




彼女の言葉で
私のモヤモヤモヤぐらいには、なったかな~(*^-^*)









その夜




チャリン。チャリン。・・・チャリン。
小銭を数える次男君。
また、始まったよ~
自分の所持金アラタメ。
数万円貯まったと報告にやって来た。



お金持ちやな~





すると



ううん。まだまだ。将来、困らないように一生懸命貯めとくんやー



(@_@)(@_@)(@_@)

やっぱり血は争えぬ。しかし・・・12歳から転ばぬ先の杖を用意するとは。






※いつもご訪問ありがとうございます。応援のポチッ。いつの間にか拍手が増えていてビックリ。皆様の温かさが身に沁みます。
どうしても、お礼を言いたくて。そして、どうしても書きたくてちょこっと戻ってきました。 
落ち着くまでもう少し時間がかかりそうです。     こりこ 
                                         


*************************************
お読みいただきましてありがとうございました。
ランキング参加中です。皆さまの応援が励みになります。