お互いを思いやる気持ちでしょ。それがなければ動けない。


ちょうどよかった!
お客さんのご飯どうしようかと思って




*******************************
sponsored link




*******************************


年末年始、介護サービスの人たちもお休み。
だから
どっぷりお世話になっている実母の身の回りの世話は、私の役目だ。


料理ができなくなった母
普段は宅配弁当でわびしい思いをさせているので
少しでもお正月気分をと
母のおせちを思い出しながら、煮物を作ってみた。
松風焼も作ってみた。
これなら タンパク質も摂れるし、柔らかくて食べやすい。

夫家にもタッパに入れてお裾分け
その後、ひとり実家へ向かう。




今年は近居になった分、手料理を携えてだが
家族バラバラのお正月は、いつものことだ。



実家に着いたら、ジャージに軍手。


側溝の雑草
抜いても抜いてもキリがない
雨ざらしのゴミ箱
90Ⅼ?コレ捨てに行くのも大変そうだ
干からびたバラの花
あんまり美しくないね
主のないプランター
1個や2個じゃないんだよね(^^;)
常緑樹は手入れが楽?
根元には茶色の葉っぱが降り積もっているけど
隣家との境にも気を配る


さあて、お次はキッチンだー!
老親宅の冷蔵庫あるある
年代物のお品がザックザク
ドアポケット
ベタベタ ドロドロ 手先が利かないから仕方がない
冷凍庫
掘っても掘っても…Σ(´Д`lll)!!


介護サービスだけでは、手が届かない部分がたくさんある。
もちろんヘルパーさんたちには良くしてもらって、感謝しているけど


書き出せばキリがないほど
まだまだあるが



とにかくたっぷり働いて数泊後
夫家へ顔を出したら



ご飯をどうしようかと思って

開口一番の義母の言葉だ。





別に
実母の世話をしたことを 労ってもらおうなんて思ってはいないが

もっと他の言葉は出てこないのか。。。
たとえば お母さんどうだった?とか口先だけでもいいから。




(ハッキリ言ってそんなこと知らんがなーーーーーーーー!!!!!
私はあんたんちの飯炊き女じゃない!!!!!)←心の声




今年も ひとり あっち行きこっち行き
そして
夫、長男はそれぞれの生活へ戻っていった。




家に戻って
あーあ、家族で一緒にご飯食べられんかったな
次男がポツリと言う。


そういえば
結婚してから、家族そろって初詣って何回行ったかな?


家族ってなんだろ?
少なくとも次男にとっては、夫と私と兄と自分の4人が家族。
もちろん私にとってもそうだけど


どうやら夫家は、そう思っていないらしい。
よくもらっただとか、やっただとか
うちの子だとか
そんな言葉を聞く
結婚して名前が変わったら、夫家の一員って…

一応、慣例にしたがって
夫の姓を名乗っているけど、心はそう簡単じゃない。
あんなに嫌いだった実父への思い、病気で体が不自由になりつつある実母への思いは、
やっぱり比べようもないぐらい大きい。



夫婦別姓どうなった?
そんなことを認めたら家族の一体感がなくなるなんて意見があるとかないとか。
そんなモン、女性側の我慢で成り立っている幻想でしょ。


結納金はもらわない!だってそんなん人身売買や!
そんな友人の言葉を思い出した。


嫁にもらった?
そう、犬や猫の子じゃあるまいし(犬猫でも高額?)
それまで育てるのにかかった費用をどう考えるのか!
大学まで出してざっと3千万ぐらい?
それと引き換えならば、うちの母もいい施設で面倒看てもらえるかしら。
ああ、それこそ人身売買か~Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


結婚して名前が変わったからじゃなくて
お互いを思いやる気持ちでしょ。
それがなければ動けない。


夫にはいろいろsosは出しているが、一向に届く様子がなく┐(´-`)┌



そもそも、戸籍っているの?
マイナンバーがあるんだから
いつまでも家単位で考えずとも…


ああ、止まらない。
はぁ、相当ストレスたまっている。

*************************************
お読みいただきましてありがとうございました。
ランキング参加中です。皆さまの応援が励みになります。


スポンサーサイト

稲川さん、ここにもこ~んな話がありますが、レパートリーにいかがです?

やめられない
とまらない
お盆時期のアレと言えば…


「あなたの知らない世界」
子供の頃よく見てたお昼の番組。


怖いけどやめられない
怖いけど見たい
そんな感じ。

本当に存在するのかどうか...
あの世のモノが起こす現象の再現フィルム。





は変わって、30年いえいえ(^^;)40年後
今も似たような番組があるようだ。


♪チャララ ラ~ラというテーマ曲に耳をふさぎつつ

f2d510a047d65c3fcbd58805bfafc062_s.jpgいつも、こーんな感じでTVを見ている次男。

「本当にあった怖い話」

夜タイムリーに見ると、トイレに行けなくなるらしく、録画を昼に見る。

反抗期真っ只中の息子だが
こういう姿を見ていると
まだまだお子ちゃま
カワイイじゃあないかと思える。


怪談...
お盆
の風物詩と言っていいのかな(^^;)
私も子供の頃は、ホントに怖かった。





大人になった今
そういう類のモノは、見えない人でよかった~と思いつつ
そういう類のモノよりも、もっと怖いモノがある。






義実家で

お義姉さん、お葬式大変だったですね~

うぅん、~んぜんっ。
だってあっちの親だし。やっぱり実の親とは違うわよ~



えっ?
(゚△゚;ノ)ノ
激しく賛同するけど...
私が誰だか わかってる???


返事に窮してしまって、目の前のオードブルを黙々とつまむ。







近所の話で盛り上がっている義父と義姉
誰それさんが亡くなって、相続問題が発生した模様。

やっぱり嫁は他人だから~

えっ?(゚△゚;ノ)ノ
その通りだけど...
私が誰だか わかってる???



聞こえない振りをして、今度はオードブルの枝豆に手を伸ばす。





○○(義妹)はエライわ~
苦しい中、必死で遣り繰りして家を建てて...
〇〇は辛坊強いから~


向こうから義母の声がする。

えっ?
(゚△゚;ノ)ノ
確かにそうかもしれないけど...



チラリと視線をやった先で、
黙々とオードブルのから揚げをつまむ
義妹の夫(苦しい状況を作った張本人)の姿を確認する。





この家族、大丈夫だろうか。。。
平然とこんな会話を繰り広げること自体、ある意味コ・ワ・イ。
(稲川さんレパートリーにいかがかしら?)





来年は、この家族にコレを配ってみようか
(クリックでAmazonへ)



この集まりに参加しないというセンタク肢がほしいというのは
ゼイタクな望みなのだろうか

*************************************
お読みいただきましてありがとうございました。
ランキング参加中です。皆さまの応援が励みになります。


長男だから何ですか?

オレ、長男だから・・・
夫の口癖。



○○(夫の名前)は長男だから・・・
一人しかいない男の子だから・・・
義母の口癖。




この言葉を聞くたびに思う。
長男だからの続きを聞きたい。
長男だから何ですか?




子どものころから言われてきたことがある。
言いたいことは最後までハッキリ述べよと。



夫は、曖昧にすることなく
長男だから、オレが実家の親の面倒を看なければならない。
長男だから、オレが親戚づきあいをしなければならない。
長男だから、オレが墓守をしなければならない。
長男だから、オレが田舎の行事に出なければならない。
そう言うべきだ。



義母も、我が息子に言葉を濁さず
長男だから、オマエが私たち親の面倒を看なければならない。
長男だから、オマエが親戚づきあいをしなければならない。
長男だから、オマエが墓守をしなければならない。
長男だから、オマエが田舎の行事に出なければならない。
ハッキリ言うべきだ。




私にも言い分がある。

私も長女である。
うちの親の面倒を看なければならない。
病気で動けなくなった親の代わりに、親戚づきあいをしなければならない。
お墓は作らず永代供養にしたが、私が生きている間はきちんとお参りをしたい。
生まれ順に関係なく、自分を育ててくれた親のことを大事にしたい。




******************************************

sponsored link


******************************************




2016年に発表された合計特殊出生率1.46。
一人の女性が一生に産む子供の平均数だ。
2.07を切ると今の人口の維持ができない危機的な状況だと言われる。



つまり
石を投げれば長男(長女)に当たる時代。たとえが悪過ぎる(-_-;)


こんな時代に

控え~!控え~!
283995.jpg
この紋所が目に入らぬか~!
こちらにおわす御方は長男であるぞ~!
と胸を張って居られないと思うのである。


長男だー長男だー
懐から印籠を出したつもりでいるのかもしれないけれど、
どちらにも親はいるのだ。



世の中は日々変化し続けている。
家族の形も変化し続けている。

日曜日の夕方、
なぜ、昭和チックな三世代同居家族の仲良し物語を放送し続けているのか。
超高齢化対策として、大家族回帰を呼びかける何らかの意図が働いているのか。
などと、ほのぼのストーリーをありのままに楽しめない私。
憤る私を「母さん考え過ぎ」と息子に笑われる



かなりストレスたまっているな。。。


まぁとにかく、今できることは、
息子に迷惑をかけないように元気でいること。

そして目指すは
しゃしゃり出ず、ありがとうありがとうと感謝の言葉が自然に出るかわいいおばあちゃん。
う~ん、かなり難しい


*****************************************************
お読みいただきましてありがとうございました。
ランキング参加中です。皆さまの応援が励みになります。





拙い文章に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
いつも拍手ボタンを押してくださる方、応援感謝しています。

いっぱい泣いてストレス発散!


あっ!わたしだけど・・・


義母からの電話の第一声だ。


わたし
って・・・どこのわたしですか?
20数年間思い続けて今日に至る。


結婚してすぐ、一日に何度も
あっ!わたしだけど・・・を聞き
嫌になった。


いつぞやは、
あっ!わたしだけど・・・こりこさん、テレビつけてみて!
今、おもいっきりテレビでいいのやってるから~

その日2回目の電話だった

は、はぁ~
 

不本意ながらテレビのリモコンボタンを押す。
体にいいレシピだとか、やせるレシピだとか、料理を作っていた。


ほらほら、○○(夫の名前)、太ってるから~

(-_-;)(-_-;)(-_-;)



そのときから、着信音を変えた。

プリセットの曲を聴いてみた。
ジュピターでもない。
くるみ割り人形でもない。


これだ!
ワーグナーの『ワルキューレ騎行』。
この名前を聞いても、ピンとくることはないが
誰でも一度は耳にしたことがある曲。
戦争中の人間の狂気を描いた映画「地獄の黙示録」でも使われていた。
一説にはあのヒトラーが好んだとか(汗)

乾いた電子音が不穏な感じで、この音が鳴ると体がビクッ!と反応する。
ワルキューレとは、戦いの女神だって~
毎回、臨戦態勢で受話器を持ち上げる(笑)431881.jpg




悪い人ではないのだ。
分かってはいるが、とても疲れる。
この連休もちょっとしたことがあって、絶不調

天気も台風接近中でパッとしない。
出かけて気晴らしという気分も起こらない。


******************************************
sponsored link


******************************************





ああそうだ。

図書館で借りてきた本があったと読み始めたのがコレ▼







随分前に予約をかけていて、やっと手元に届いたのだった。
もともと読書は大好き。
でも、老眼が進むにつれて気持ちはあっても読むのが辛くなってきた。
おまけにドライアイなので、深夜まで読んでいると目が痛くなってくる。
そんな私が今回は2日で読破。
いつの間にかストーリーに没頭して、最後は目が乾くどころか滂沱の涙。
文字がかすんで余計に困ったけれど…

サクラという犬を飼う長谷川さんちの物語。
ストーリーの好き嫌いはあろうが、西加奈子さんの作品をもっと読みたいと思った。



今回こんなに話に引き込まれたのは、
サクラという犬に、昔飼っていた犬を重ねたせいもあるが…
なによりも
幸、不幸のコントラストの強さに感情が大きく揺さぶられたせいだと思う。




のどかな晴れた日だからこそ、ドナドナのメロディーがより一層物悲しく響くのだ。
曇りでも雨でもだめなのだ。

白鳥の湖もそうだ。
黒鳥のオディールが魅惑的であればある程、白鳥の清純さが際立つ。

韓国ドラマも然り。
敵役がイジワルであればある程、ヒロインの誠実さやひたむきさに共感する。






涙活
ってあるそうだ。
感動して流す涙には、それまでの緊張状態を副交感神経優勢に変えてくれる力があるそうだ。
玉ねぎ剥いて出る涙は違うらしい…
いっぱい涙を流して、ストレス発散。



いっそのこと、着信音を泣ける曲に変えてみる?
ダメだ、ダメだ。
先にデトックスしても意味はない。

泣けるDVD、本、探しに行こうっと…♪

*****************************************************
お読みいただきましてありがとうございました。
ランキング参加中です。皆さまの応援が励みになります。




やっと・・・お盆休みが終わったよ~。

お盆休みが終わったあ~
休みたって、全然休みじゃなかったけど…



前回のブログ(→長男の嫁、いざ出陣。)で
姑との壮絶なバトルを期待されていたような気もするけど…(笑)



私は全然良いお嫁さんではない。
そうなろうともしていない。
そうなろうとしても、タブンなれない
だから、自分のペースで好きなことをさせてもらったお盆だった。




ただ一つ。毎回、夫の実家へ到着早々のささやかなる抵抗。
息子と孫の到着を今か今かと外へ出て待ちわびる義母。



車から降りると必ず
おかえり~と声をかけられる。
これがどうも気に食わないのだ。だってここは我が家ではない。キッパリ!
だから、
お久しぶりです。こんにちは。
と応える。
ささやか過ぎて、たぶん気づいていないだろう
結婚以来、繰り返される儀式だ。




まぁ、なんだかんだ言っても、とにかくお元気。
自分のことは自分でしてくれるだけでもありがたい。
そんな風に、思っている。
今後、どう変わるか分からないけど(汗)

*********************************************************
Sponsored Link

*********************************************************



夫の実家に行くと気詰まりなのは、
今の家族4人の間に流れる空気感が変化すること。

夫をひたすら甘やかす、義母。
そして、それにどっぷり甘えきる夫。
これが私の神経を逆なでする。


なぜ私ばかりが、洗濯、食事、休みなく働き続けなくてはならぬのか?
しかも、勝手の違うお台所での食事作りの大変なこと。
道具もない。
調味料もない。
調理台が低い。
この包丁何がこびりついているの?
このフライパンの油ギッシュな汚れは?
電子レンジの扉を開けて・・・(-_-;)(-_-;)(-_-;)、バタンと閉めた。

私の実家も同じだけれどね。
年をとるってこういう事なんだね。
きっと私も、将来、息子のお嫁さん同じことを思われるんだろね。




そうよ。元気でいてくれることが一番!それが一番ありがたい!私は幸せ!
この言葉を呪文のように、唱えながら過ごしたお盆であった。



あ~あ、休みが終わったよ~。と、夫。
やったー。休みが終わったよ~。
と、私。



まだ、まだ、夏休みは続く。
がんばれ~!!!わたし!477335.jpg

明日は、甲子園か?映画か?
あ、暑い…

****************************************************
お読みいただきありがとうございました
皆さんの応援が励みになります


***********************
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。