年を取って自分の弱さを知ることで得られることもある・・・・・・かな(^-^;



こんなのはじめて~



史上最強の箱入り娘の決め台詞。
息子が録画している、ドラマ「過保護のカホコ」
毎週、なんとなく観るようになった。





ありふれた日常の中に
大きな驚き
静かな気づき
いろんなはじめて

いつも瞳がキラキラとまぶしい
そんな主演女優の演技に惹きつけられる。




そうだ!
このキラキラ、どこかで見た。確かに見た。
母さん!抜け殻が動いてる!
この夏のこと。偶然見つけた羽化前のセミ。IMG_20170717_175536.jpg

初めて見た不思議に瞳がキラキラ、息子の表情。
こんな顔するんだーと、妙に印象的だった。
いつも母親に笑顔を見せるのは勿体ないとばかりに知らん顔。思春期真っ只中だからね(^^;)



同じ空間を共有した私。
動く抜け殻(笑)には驚いたけど…
キラキラとは無縁だったかな(汗)




*******************************

sponsored link





*******************************



50を過ぎても
知らなことはたくさんある。
はじめてもたくさんある。

もう、カホコのように、息子のように心が大きく揺さぶられることってないのかな?
心が固くなった?



あの屈託のない無邪気な笑顔。
そう、無邪気だ。
長く生きれば生きるほど、無邪気ではいられなくなるのか。
逆に、いい大人が無邪気って
言い換えれば、ワガママ???






つらつらと考えていたら、
もう一人のおばーちゃん(わたしのおばーちゃんではない方)のことを思い出した。
かなりワガママ、もとい、無邪気な人だった。





なんだかの集金の人がやって来た日のこと

ああ、今ねー「愛の劇場」やってるから、見とるんや~
終わるまで出られません!!!

玄関に向かいもせず、奥の部屋から大声でキッパリ


そんな無邪気(?)な人だったらしい。
この話を聞いた若い頃、あ~あ相変わらずのマイペース、やっぱり苦手だな
そう感じた。





でもね
それが、今はちょっと違う。



ひょっとしたらひょっとして
あそこの婆さんはこんな人だから仕方ない
今度は、「愛の劇場」の時間を外して訪問しようと配慮していただけたかもしれない。
集金の方にはお気の毒だが
あの人はあんな人だから、あの人らしいと認知してもらえれば
おばーちゃんとしては儲けモノ



ズケズケと物申すおばーちゃんだったが
一緒に温泉に出かけるお友達もいたようだから、案外あのキャラで周囲に受け入れられていたのかも


わしゃー、100まで生きてコロッと死にたい
その口癖どおり、100までではなかったが、最後まで元気で大往生だったおばーちゃん。



ああいう生き方もありだ。
最近、そんな風に思うようになった。




かつては柔らかでしなやかだった部分
長年の酷使であちこち固くなる。あちこち縮む。
現に、世界がボンヤリしか見えないし
背も縮むらしいし
お役目を終えた子宮も縮むんだって

そして、心も縮む、固くなるのか(涙)


無くしたものへの執着、憧れ、未練、そこまで強くはなくとも、無くすことへの寂しさ
ドラマを芯から楽しめない理由はその辺だったのかもしれない。


年を取ると心も縮む、固くなる?
たしかに、大きく心が揺れることはそう多くないかもしれない。




でも年を取って
自分の弱さ、衰えを知ることで得られることもある。

若い頃許せなかったことが、まっ、いっかー
それもありかなー
許容範囲が広がった。



年を重ねることで、得られることもある。










かな。。。









今朝、トイレの順番で親子でちょいとした小競り合い。

あーあ、母さん、そんな人やと思わんかったわ
ホントに大人気おとなげないなー




息子の捨て台詞に
キィーーーーーーーーー

一瞬で砕け散った大人余裕





やっぱり、まだまだだ~

*************************************
お読みいただきましてありがとうございました。
ランキング参加中です。皆さまの応援が励みになります。